Sawa’s Projectのお財布

Sawa’s Projectでは、
「お金のいらない国」を理想としています。
⇒「お金のいらない国」はこちら ※長島龍人さんのWebサイト。書籍が出ているので読んでみてね!

でも、いますぐに「この世界からお金を消してしまう」ことはできないよね。
「お金なしで生きる」を個人的に実験している人もいるけど、私にはまだできそうにありません。

なので、まずは、「使い方」をちょっと変えてみるところから始めてみます!
オカネはなるべく、「感謝」と「応援」にだけ使いたいと思っています。
そうしたら、いただくオカネも、「感謝」と「応援」だけになって、すばらしい循環が生まれるといいな♪
「消費」や「必要経費」に使うオカネは、極力減らしていきますよ( ´ ▽ ` )ノ

Sawa’s Projectでは、なにも隠しません。お財布も大公開ですよ!

⇒ 最近の入出金のページへ

2017年8月31日残高
▲354,425

⇒ ご支援の記録ページへ

 

実験の過程で思うこと!2017.3.18

感謝と応援だけにオカネを使う!と決めて、半年以上が過ぎました。
ご覧の通り、残高はマイナスです。・・・うまく循環していないように見えます。
(マイナス分ってどうやって補っているの?と思われるかもしれませんが、ぶちゃけますと、母からの借り入れです・・・w)
でも、マイナスのわりには、まったく悲観していません。
だって、マイナスにできるオカネがあるわけですからね(母からの借り入れにしろw)。
やっぱりオカネってなくならないんだ!!という妙な実感と安心感があります。
「私」のオカネではないけど、必要な分はなんとかなる。
所有の概念が、完全にボヤけてきています。
今は必要じゃないから回ってきてないけど、必要だとなれば、必要な分はきっと回ってくる。
これが本当の「カネは天下の回りもの」ってことだと思う。
今までは、この言葉の意味を、頭では理解していたけど、身体ではわかっていなかったと思います。
そして何よりも、オカネを使うときの感覚が違います。
なんだか妙に幸福感があるんです。
オカネを支払うのが嬉しい!みたいな感じ。
これは本当におもしろい感覚ですよ。
やってみて初めてわかりました。

さて、いろんなイベントを企画してやったりしていますが、決してお金が欲しくてやっているわけではありません。
でも、リアルだと会場料も交通費もかかるし、他に収入もないし、赤字ではやっていけないという恐れから、今までは、投げ銭とかドネーションとかの参加費を設定していたように思います。
でも本当に、お金が欲しくてやるんじゃないなら、完全に、お金をいただくことを手放せばいいんだ!と気が付きました。
私が欲しいのは、各イベントの参加者から、なにかが生まれること。
そこから、社会をより良くするようなムーブメントにつながっていくこと。
まずは、対話を通してみんなが何かを感じてくれたり、誰かと繋がってくれたり、なんかの気づきを得たり、
なにかを学んでくれることが、私の欲しいことです。
もし、次のイベントを開催するために少し応援がしたいなと思ったら、ぜひペイフォワードをしてください。

 

 

☆応援したいというかたが、もしいらっしゃったら、本当にうれしいです。
いただけるギフトは、どんな形でも、ありがたく頂戴いたします♪
食材や消耗品の提供も大歓迎です!
脱消費主義社会をめざして、一緒にがんばりましょう!

お金で応援してくださる場合⇒ 「応援する」ページへ

物や力で応援してくださる場合⇒ 「さわにメール」

必要なもの(譲ってください)

・余っているニュージーランドドル(2017年11月に娘が修学旅行に行きます)
・食材、消耗品なんでも!

その他、ゴミにしてしまおうと思うもの、なんでもちょっと待って!!
まだ使えませんか?
欲しい人がいるかもしれませんよ?
どんどん作ってどんどん買ってどんどん捨てる社会はもう終わりです。